越前打刃物会館

0
福井県 越前市
ショッピング
  • 刃物の里越前打刃物会館建物

1337年、京都の刀匠千代鶴国安が府中(現越前市)に来往し、近郊の農民のために鎌を作ったことが始まりと伝えられる「越前打刃物」。幾多の作り手たちを経て、現代にその技法は伝承されています。日本古来の火づくり鍛造技術、手仕上げを守り、鎌、刈り込み鋏、手包丁など多彩な製品が、今も職人たちの手により生み出されています。

越前打刃物会館

JAF会員割引・優待情報

口コミ

0.0 0
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い