白河院

0
京都府 京都市左京区
宿泊

白河院は,九世紀半ば摂政藤原良房(804~72)が平安京外のこの地に営んだ別業で,代々藤氏長者に伝えられたが,のち白河天皇(1053~1129)へ献上され法勝寺となりました。藤原道長(966~1027)・頼通(992~1074)期には天皇や女院の行幸・御幸が度々みられ桜の名所として知られています。

白河院

口コミ

0.0 0
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い