高野山別格本山 明王院

和歌山県 伊都郡高野町
観光名所、動物園など

弘仁7年(816年)弘法大師が高野山を開くにあたり、自ら刻んだ五大明王を安置し開創。日本三不動のひとつ「赤不動」として知られます。本堂は全体に和様、細部には唐様を用いた折衷様式です。五重塔は、全国の国宝塔の中でも5番目に古い、美しい塔。本堂とともに国宝に指定されています。

高野山別格本山 明王院