大山寺阿弥陀堂

0
鳥取県 西伯郡大山町
観光名所、動物園など

大山寺に現存する寺院の中では最古の建築物で、南光河原の西にある林の中に位置します。5間四方単層宝形造、柿葺きの建物の堂内には、京仏師の良円の作といわれるの金色の阿弥陀如来(高さ2.79m)と両脇に観音菩薩と勢至菩薩が安置されています。建物、仏像とも国の重要文化財に指定されています。

大山寺阿弥陀堂

  • 〒689-3318 鳥取県西伯郡大山町大山9
    地図を見る
  • 0859-52-2158
  • 公式ウェブサイトへ
  • 有り
  • 3月~12月の毎月18日のみ堂内を公開(9:00~16:00)※それ以外の日の堂内拝観は要予約
  • 施設HPにて確認
  • 開帳日(3~12月の18日)堂内拝観志納金200円

口コミ

0.0 0
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い