旭川市彫刻美術館

0
北海道 旭川市
美術館、博物館
  • 旭川市彫刻美術館

この建物は、旧日本帝国陸軍第7師団が旭川に設営されたときに、将校たちの社交場として1902年(明35)に建設されました。建物は、おもに師団関係者の会議、研修会、講演会、宴会、結婚披露宴、宿泊等に使用され、また、皇太子時代の大正天皇や昭和天皇の来旭の折の行在所にも使用されました。終戦後は、一時アメリカ軍の将校クラブとして使用され、1949年(昭24)、建物は国から旭川市に移管されて、仮校舎などに使用されています。1968年(昭43)この建物を博物館に転用するために、復元修理工事を実施し、市立旭川郷土博物館として、24年間にわたり保存活用されてきました。1993年(平5)博物館の新築移転にともなって、新たに開設される彫刻美術館に転用され、1994年(平6)6月1日開館いたしました。この建物は、木造二階建の大きなもので、北海道における洋風の本格的なクラブ建築として特徴をもち、意匠も優れていることから、1989年(平元)5月19日、国の重要文化財の指定を受けています。

続きを読む

旭川市彫刻美術館

  • 〒070-0875 北海道旭川市春光5条7丁目
    地図を見る
  • 0166-69-5858
  • 公式ウェブサイトへ
  • ステーションギャラリー:施設駐車場なしの為、駅前の有料駐車場等ご利用ください。
  • 現在長期休館中の為、彫刻美術館ステーションギャラリー旭川駅をご利用ください。ステーションギャラリー開館時間10:30~18:30(入館は18:15)
  • ステーションギャラリー:毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は翌日)、年末年始
  • ステーションギャラリー入館料:無料
  • 旭川駅から20分

口コミ

0.0 0
  • とても良い
  • 良い
  • ふつう
  • 悪い
  • とても悪い