奈良県 大和高田市

  • 高田千本桜

  • 高田千本桜(夜桜)

  • 奥田蓮取り行事

  • 桜華殿(ライトアップ)

  • 日本最古の官道 横大路

  • 不動院(大日堂)

  • 弥勒寺

  • 専立寺

奈良県を代表する桜の名所 大和高田市

奈良県の北西部に位置し、西方に金剛葛城山系の山々が望まれます。市域は16.48平方kmとコンパクトシティであることが特徴です。大阪大都市圏へは30分程度で連絡する好立地です。1948年(昭和23)に奈良市に次いで2番目に市制を施行しており、その年に市民ボランティアの手によって植樹された桜は「高田千本桜」として多くの方々に親しまれています。

大和高田市広報広聴課

おすすめのイベント情報

  • 高田千本桜

    3月下旬〜4月上旬

    高田川沿い

    大中公園を中心に川の南北2.5kmにわたり見事な桜のトンネルが続きます。夜になっても夕闇とともにぼんやりとライトアップされた夜桜を見物する人の波は絶えることなく、奈良県を代表する桜の名所となっています。

  • 奥田蓮取り行事

    7月7日

    奥田捨篠池

    毎年7月7日、奥田の捨篠池において蓮取り行事が行われます。吉野山金峯山寺における「蓮華会」の一連の行事であるとともに、役行者の母・刀良売にまつわる「ひとつ目蛙」の伝承に深い関わりをもつ行事で奈良県の無形民俗文化財に指定されています。

ご当地キャラクター紹介

  • 大和高田市にきてね

    大和高田市マスコットキャラクター みくちゃん

    「未来」を「みく」とよんで名付けられました。みくちゃんの名前には大和高田市が未来へはばたきますようにという願いが込められています。「未来へはばたき大使」として大和高田市の魅力や情報を発信中です!