大阪府 河内長野市

  • 奥河内くろまろの郷と周辺施設

  • 日本遺産「中世に出逢えるまち」

  • 他にも日本遺産がたくさん

  • 関西サイクルスポーツセンター

  • 天野山金剛寺の重要文化財・楼門

  • 檜尾山観心寺の国宝・金堂

  • 美しい紅葉が有名な薬樹山延命寺

  • 岩湧山頂の花すすき

豊かな自然と、歴史を肌で感じるまち

大阪府の南東に位置する河内長野市は、府内で3番目に広い面積を持ちます。その7割は森林に覆われており、岩湧山と金剛山の方面から流れる川もあり、自然があふれる環境です。また、市内には歴史的建造物が多く、天野山金剛寺、檜尾山観心寺、薬樹山延命寺ほか寺社仏閣が点在しています。国宝・重要文化財が多く、3つの日本遺産に認定されている「文化財のまち」です。四季折々の表情を見せる名所をお楽しみください。

河内長野市役所 産業観光課 観光係

ご当地キャラクター紹介

  • 河内長野で待ってるっくる!

    河内長野市シンボルキャラクター モックル

    市の木「くすのき」と市の資源である「緑」をモチーフに、1997年10月3日に生まれました。市民と行政のかけ橋になるべく、市政案内や魅力発信など様々な活動を展開しています。

  • 河内長野に来たらくろまろの郷へ

    くろまろくん

    河内長野市高向出身の高向玄理(たかむこのくろまろ)にちなんだマスコット。608年に日本初の国費留学生として中国の隋で32年間学び、帰国後は国博士に任命されました。中央政権で新しい国づくりをおこない、特に外交において活躍しました。