和歌山県 有田郡 広川町

  • 広川の源流(牛滝不動明王付近)

  • 遠浅の砂浜でお子様連れでも安心

  • 夕陽もきれい

  • 秋に町内各地で開催

  • 約1,000本のソメイヨシノ

  • 国の史跡に指定

  • 田舎を満喫できる農家民泊

稲むらの火と笑顔のあるいきいきとしたまち広川

広川町は和歌山県の中心に位置し、海・山・川がそろう町で、春には桜が咲く乱れ、夏には西広海岸が多くの家族連れで賑わいます。また、広川町は「稲むらの火」の逸話でも有名で、「稲むらの火の館」や国の史跡に登録されている「広村堤防」など歴史を感じられる町でもあります。

企画政策課 / 広川町

おすすめのイベント情報

  • 稲むらの火祭り

    安政元年の大地震の折、大津波が広川町を襲いました。その時、村人を助けるために稲むらに火を放ち、この火を目印にして、村人を安全な場所に避難させて救ったのが濱口梧陵です。稲むらの火祭りは、その功績を称えるとともに、防災意識を高めるため松明片手に避難道を歩きます。毎年、10月の第3土曜日に開催しています。